• ホーム
  • ニゾラールと日本のフットケア製品について

ニゾラールと日本のフットケア製品について

高温多湿の日本は、水虫に悩む人が多いです。
水虫は、白癬菌が皮膚の角質層に侵入することで起こります。
皮膚には、ケラチンがあり、ケラチンは白癬菌が好むエサなのです。
白癬菌は、足に感染することが多いです。
靴の中は、高温多湿になりやすいため、白癬菌が好む環境になりやすいのです。
最近、水虫に悩む女性が増えていますが、仕事で長時間パンプスを履いたり、ブーツなど通気性の悪い靴を履くことが影響していると考えられています。
ドラッグストアやネットショップでは、水虫対策用のフットケア製品が、数多く売られています。
水虫は、感染します。
水虫を発症した人の皮膚から角質が剥がれ落ちると、その中に白癬菌が生息しています。
剥がれた皮膚を踏んだ場合、白癬菌が付着して感染してしまうのです。
ただ、白癬菌が付着しただけでは、水虫が発症することはありません。
常に足を清潔にして、傷ついた部分から白癬菌が侵入するのを防ぐことが大事です。
ニゾラールは、水虫の治療に使う塗り薬です。
ニゾラールは、抗真菌薬で白癬菌を殺菌します。
白癬菌だけでなく、カンジダにも有効です。
ニゾラールは、クリームタイプを使う人が多いのですが、ローションタイプやスプレータイプもあります。
どのタイプを使うかは、症状や部位で判断します。
皮膚が角質化している場合は、浸透力が高いローションタイプかスプレータイプが使われます。
液剤の場合、刺激による痛みを感じやすいので、傷のある部分には慎重に使います。
水虫は、治ったと思っても、白癬菌が死んでいないケースもあるので、支持された治療期間を守ることが大事です。
クリームタイプのニゾラールを使う場合、皮膚の角質層によく浸透させるように使います。

関連記事