• ホーム
  • ニゾラールは塗り薬なので大きな副作用が無い

ニゾラールは塗り薬なので大きな副作用が無い

きれいな女性の脚

ニゾラールは皮膚科で処方してもらえる塗り薬で、真菌による皮膚感染症の治療に有効です。
真菌とはカビの仲間で、細菌やウイルスといった原生微生物のひとつとして、人間に寄生することで様々な症状を発症させます。
最も有名なものには白癬菌が足に感染することで起こる水虫があり、指の間などにジュクジュクとした状態を作り、時には耐えられないほどのかゆみを伴います。
基本的には命に関わるものではありませんが、異常なかゆみと人に感染させること、さらに自然治癒ができないことから、ニゾラールを含む抗真菌薬での治療が必要となります。
抗真菌薬の中でもイミダゾール系に属するニゾラールは、真菌の細胞膜を破壊して生育を抑制することで抗真菌作用を示します。
水虫に有効ですが、他にも皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎などにも効果があり、これらの治療に処方されることが多いです。
ニゾラールには内服薬というものはありませんが、軟膏タイプ、ローション、スプレーといったものがあり、症状によって使い分けられますが皮膚に感染した真菌にのみ作用します。
塗り薬として使用するので、体内への吸収は抑えられ、薬剤が血液中に溶け出すということはないので、重度な副作用の心配はいりません。
そのため、使い勝手が良く、ジュクジュクした趾間型水虫、ぶつぶつとした水疱型、踵などが硬くなる角化型の水虫に有効です。
ただし、爪の内部に侵入する爪水虫にはほとんど効果がないため、病院で診察を受けると内服タイプの他の治療薬を処方されることがあります。
どちらにしてもニゾラールは塗り薬として薬価が安く、使い勝手が良いことから皮膚科の病院では皮膚に感染する表在性真菌症の治療で多く処方されます。

関連記事