• ホーム
  • ニゾラールやクロロマイセチンの効果とロート製薬

ニゾラールやクロロマイセチンの効果とロート製薬

真菌感染は日常の中にもよくあるものであり、白癬菌に対する感染症として水虫は最もよく知られている真菌感染症です。
真菌感染症にかかってしまった場合には抗真菌薬を使用することで治療が可能であり、大抵の水虫については根気よく治療を行っていけば完治可能となりました。
よく用いられている治療薬がニゾラールであり、水虫としてよく知られている足の水虫やいんきんたむしに対して高い効果を示す治療薬です。
ニゾラールは患部に対して塗布することで局所的に効果を示すのが特徴であり、真菌に特有の機構に対して働きかけることから副作用もほとんどありません。
ただし、真菌に対してしか効果がないため、細菌感染やウイルス感染に対しては効果が得られないのが特徴です。
それに対してクロロマイセチンは細菌感染症に対する治療薬として古くから用いられているものですが、水虫の治療に対しては効果が得られません。
クロロマイセチンは細菌に特有の機構に作用しているため、他の種類の感染症には治療効果がえられないのです。
そのため、こういった感染症治療薬は原因となっている病原体に対して適切なものを選ぶ必要があります。

真菌感染症の治療については各製薬会社が様々なアプローチで治療薬の開発を行ってきました。
その中でもロート製薬はもともとは内服薬として市場に登場した治療薬の有効成分を外用薬として利用することにより独自の商品として市場に提供しています。
ロート製薬ではクリームや液体、スプレーとしての製剤を行い、処方箋なしでも購入して手軽に使える治療薬としているのが特徴です。
特にスキンケア成分も含ませているため、女性にとって嬉しい配合となっているのが特徴として支持を受けるようになっています。

関連記事