• ホーム
  • ニゾラールを個人輸入するなら発癌性のリスクも考慮

ニゾラールを個人輸入するなら発癌性のリスクも考慮

水虫の特効薬としてニゾラールがありますが、これは市販されているものではなく病院に行かなければ手に入れることができません。
しかし、病院に行かずとも手に入れる方法として個人輸入通販という方法がありますが、これには様々なリスクがあるのでそれら全てのリスクを理解した上で使う必要があります。

まずひとつ目が本来であれば医師の判断と指示によって使用をする薬なわけですが、それを素人が判断をして使用することになるので間違った使い方をすれば逆効果になってしまうこともありえます。
そのため、本当に現在の症状に適合しているのか、正しい使い方ができているかということを理解して置かなければ余計に状態はひどくなってしまうおそれがあるので注意が必要です。

次に届く商品が必ずしも本物であるという保証はなく、海外はあらゆる薬の偽物が出回っているので中には粗悪で発癌性のあるものも紛れ込んでいないとは限りませんから、偽物のリスクも有るということを理解しておかなければなりません。
日本国内であればこのようなことは厳重に管理をされているので、国内で偽物が出まわるということは極めてまれなことであり宝くじに当たるぐらいの話ですが、海外の場合には当たり前のように偽物が出回っているためどこで偽物を掴まされてしまうかわかりません。

通販を利用してニゾラールを買う場合の一番最悪な事態というのは、一般的にお金を払ったのに商品が届かないといったものが挙げられますが、医薬品の場合には偽物が届いてしまうといった方が健康被害が起こる可能性があるため極めて危険なものとなります。
そして、偽物が届いてしまってもはっきりと見てわかるものは少なく、実際に使ってみて異変があって初めて気づくということが多いのでこのようなリスクがあることも知っておかなければならないのです。

関連記事